「諦めない」ことが
人の笑顔を引き出す秘訣です

平野 元康Haruyasu Hirano

ライフコミューンあざみ野

介護スタッフ (2015年入社)

ご高齢の方ならではの魅力に気づき、
介護に興味を持ちました

僕の祖母は介護が必要だったため一緒に暮らしていて、高校生の頃から僕も介護をするようになりました。そうしていくうちに、外にいるご高齢者まで可愛く見えてきて、介護の仕事が楽しそうだなと思うようになったんです。
いざ就活を始めるとなったときに、僕は介護職に絞って進めていたのですが、木下の介護の対応が一番しっかりしていたのが印象的でした。さらに、入社前に施設へ見学に行ったのですが、そのときに見た介護スタッフとご入居者の関係性に魅力を感じました。介護スタッフが忙しそうにしてばかりでなく、ご入居者としっかり話をしている姿をみて、ご入居者の心に寄り添った介護をしているのだなと思いました。

仕事中の宮島さん

ただ介助するだけでなく、体調や心の変化に気づけるように

僕は担当ヘルパーとして、担当のご入居者とそのご家族の対応も行っています。勤務はシフト制で早番、日勤、遅番、夜勤があるのですが、日中の時間帯の勤務では、ご入居者のご家族が施設にお見えになることもあり、ご入居者の最近のご状態等をお話しています。
また、月に一度は、その1ヶ月をどう過ごされてきたかを手紙で報告もしています。ご入居者が今どんなご状態か、その方がより快適に過ごすにはどうした方が良いかなどといったことも書きます。例えば1ヶ月の間に足腰が弱ってしまったら杖歩行をご提案するなど、ご家族の方にも安心してお任せいただけるように情報共有をしながら、ご入居者の生活の質を高められるよう努めています。

どんなご入居者にも諦めずに笑いかければ、心をほどくことができる

介護というものはご入居者一人ひとりにあった方法を考える必要があります。試行錯誤しながらも最善の方法を見つけて、うまくいったときはやっぱり嬉しいですね。僕は基本的にご入居者には笑っていてほしいので、笑顔になってくれたらいいなと思って自分なりにいろいろ考えています。
一つ印象的なエピソードがあるのですが、あるご入居者が入って来られたときのことです。最初は話しかけても別のスタッフを呼んでくれと言われる始末で、なかなか受け入れてもらえず、拒否をされることもありました。その時は、正直すごくショックでした。ですが、考えてみれば、入居したばかりのところに僕のような新人スタッフが来て、不安に感じられてしまったのかもしれません。それでもその方の笑った顔がどうしても見たくて、時間ができる度に話しかけていくうちに、「今日は平野くんいる?」と呼んでくださるようになりました。そのご入居者が笑顔で僕に応えてくれるようになったときは、これ以上ないぐらいのやりがいを感じましたね。

アドバイス 就活アドバイス

正直僕も入社する前は、介護に対して「大変」というイメージはありました。だけど実際はそれ以上にやりがいを感じることが多くあります。例えばご入居者に「平野くんがいると安心するわ」と言っていただくことがあるのですが、これは言われてみないと感じられないやりがいがあるなと思うんです。
「介護職」と聞くと、「大変」とか「資格がないと出来ない」とか、そんなイメージが強い人が多いはずです。だけど、木下の介護では内定後に資格を取れますし、心配することは何もありません。また、本当に介護の仕事をしてみると、「大変」よりも「楽しい」ことが沢山あります。悩んでいる人はぜひ勇気をもって挑戦してください。皆さんが思う以上にやりがいのある仕事ですよ。

エントリー

選考希望・企業説明会参加希望の方は、下記からエントリーをお願いいたします。

お電話やメールでのお問い合わせも受け付けています。

0120-777-920(平日9:00〜18:00) | lc-jinjisaiyou@kinoshita-group.co.jp
企業説明会 募集要項